食材宅配サービス 比較

食材の宅配サービスを利用する

一人暮らし 食事

食材の宅配サービスは、注文した食材を自宅まで届けてくれるというもので、かなり前からあるサービスです。

 

最近はインターネットで注文するのが当たり前ですが、ネットが普及する以前は電話かFAXで注文するのが主流でした。

 

決められた時間までに注文すれば翌日に届くのが一般的ですが、中にはその日のうちに宅配してくれるサービスもあるようです。

 

値段の面からは近所のスーパーの方が安いかもしれませんが、スーパーの場合、例えば生鮮食品などは商品による当たり外れが大きいので、一つ一つ目で確かめながら選ぶことになります。
食材宅配サービスの場合、消費者が購入する商品を手にとって選ぶことができないため、スーパーに比べると、概して商品の品質は安定したものとなっています。

 

中には、無農薬野菜など、食材の品質をセールスポイントにしてブランド化し、少し高めの価格設定をしている宅配サービスもあります。
どこでどのように作られたかがわかる(精算者の顔が見える)食材などは安心感があり、ありがたいですね。

 

自分にあった利用方法を考えて上手に利用することが、食材宅配サービスを利用する際のポイントとなります。


食材宅配サービスのメリット

食材宅配サービス

注文から受取まで、自宅で全て完結
スーパーまで遠い人や、乳幼児や介護が必要な家族がいるために普段の買い物が思うようにできない人にはありがたいサービスです。
また、体を思うように動かすことができない人にとっても貴重なサービスとなります。

 

留守でも受け取れる
留守の時でも受け取れるのであれば、帰宅時間が遅くて買い物をする時間が無い人には便利なサービスです。
帰宅が夜遅くなっても、ネットからゆっくりと必要な食材を注文することができます。

 

スーパーには無い商品が注文できる
料理キットなど、近所のスーパーにはなかなか無いような料理の時短商品が豊富にあります。
また、すぐに使えて保存期間の長い冷凍食品などがスーパーより充実している宅配サービスも多く、忙しくて料理する時間がとれない共働きの家庭などにはありがたいメニューとなっています。


食材宅配サービスのデメリット

食材宅配サービス

不要なものまで注文してしまいがち
食材宅配サービスの利用で送料無料にするためには、1回の注文である程度の金額をまとめて買うことが必要になります。(例えば、5000円以上など)
指定金額に達するように注文しようとして不要なものまで買ってしまうと、家計を圧迫する要因になってしまいます。

 

留守だと受け取れない場合がある
配達時に留守だと、通常は玄関脇に食材が置かれます。
戸建住宅なら問題ないのですが、マンションやアパートの場合、近所迷惑になったりするだけでなく、管理規約で禁止されている場合もあるので、宅配サービスを利用する前に確認が必要です。


食材宅配サービスの上手な利用の仕方

食材宅配サービス

食材宅配サービスのメリット・デメリットをよく知った上で、上手に利用することが大切です。

 

安心安全食材を購入する
無農薬野菜など安心安全を謳った食材の宅配サービスもあり、このような食材を手軽に購入するのに利用できます。

 

セールを利用する
食材宅配サービスの野菜、果物、魚、肉、加工食品などの食材は、確かにスーパーよりは値段が高めなのが一般的です。ただ、多少値段が高くても、期間限定セールをやっていることも多く、セール商品をうまく選べば思ったより安く購入することができます。

 

計画的な注文で利用する
食材宅配サービスでは指定された金額より注文合計金額が多ければ送料無料となるのが一般的なので、不要なものまで買ってしまうデメリットをご紹介しました。
そうならないためには、その時に必要な食材だけでなく、数日中に切れそうな食材もチェックしておくなどして、計画的に利用することが重要です。
冷蔵庫の中をチェックしながらゆっくりと注文することができるので、このメリットを充分活かしましょう。

 

明日には味噌が足りなくなりそうなので味噌だけ購入する、という利用には適していませんが、いつも買う食材を決まった日にまとめて頼むという利用の仕方をすれば、送料がかかることなく、リーズナブルに利用し続けることができます。